企画開発と国際プロデューサーの育成

Tokyo Docsアカデミーとは

Tokyo Docsアカデミーはドキュメンタリー番組の国際共同製作にふさわしい企画の開発と国際プロデューサーの育成を目的とする総合プログラムで、今年度は「企画開発セッション」「海外ドキュメンタリー祭派遣」「出前アカデミー」「Master Class」の4つから成り立っています。

Information

Master Class 2017企画・受講生募集中

企画開発セッション

目的

国際共同製作の経験豊かなプロデューサーとの議論を通してTokyo Docsなどに提案する企画を開発するお手伝いをします。あわせて国際プロデューサーに求められるものは何かを考えていただきます。


日程

2016年
第1回企画開発セッション 1月26日(火)
第2回企画開発セッション 5月13日(金)
第3回企画開発セッション 7月14日(木)
第4回企画開発セッション 9月29日(木)
2015年
第1回企画開発セッション 2月19日(木)
第2回企画開発セッション 4月17日(金)
第3回企画開発セッション 6月19日(金)
第4回企画開発セッション 9月30日(水)
10月1日(木)
2014年
第1回企画開発セッション 4月11日(金)
第2回企画開発セッション 5月16日(金)
第3回企画開発セッション 7月4日(金)

海外ドキュメンタリー祭派遣

対象

国際プロデューサーの育成を目的に、企画開発セッション参加者の中から適性などを勘案して選抜し派遣します。
旅費、宿泊費、参加料の個人負担はありません。


派遣人数

年間10名程度を予定しています。


派遣先

Hot Docs、IDFA、Asian Side of the Doc などの海外ドキュメンタリー祭を候補に派遣先を選定します。


参加レポート

Hot Docs 2015
(カナダ・トロント/4月23日~5月3日)

IDFA 2014
(オランダ・アムステルダム/11月19日~30日)

Hot Docs 2014
(カナダ・トロント/4月28日~5月2日)

国際共同製作

出前アカデミー

ねらい

企画開発セッションでの議論をさらに深めて、優れた企画の開発を支援するために、製作会社の現場で実施する企画開発セッションです。


仕組み

希望する製作会社に講師を派遣して2~3時間の議論を行います。
対象人数は最小2~3人、最大10人前後です。


講師候補

天城靱彦
Tokyo Docs実行委員会委員長
今村研一
Tokyo Docsアドバイザー/NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー

受講資格

製作会社がNPO法人東京TVフォーラムの団体会員であること。


経費

無料

■Tokyo Docs Academyに関するお問い合わせ

Tokyo Docs 実行委員会事務局(ATP事務局内)
info@ttvf.jp
電話03-6205-7858

Go to Page Top