ピッチング・セッションの概略

cropped-DSC_0647z.jpg






ピッチング・セッションは、
「ドキュメンタリーの国際共同制作を目指す公開提案会議」です。
制作者が暖めている企画を映像を使いながら
デシジョンメーカー(予算の決定権を持っているTV局プロデューサーなど)に対し提案します。

Tokyo Docsでは、提案者の持ち時間は20分弱。
前半では、事前に用意した映像(3分程度)を使いながら提案説明を行います。
同時通訳がありますので、日本語で提案が可能です。
しかしデシジョンメーカーに直接、語りかけるためには英語が有利です。

後半はデシジョンメーカーが質問する時間です。とても重要な時間です。
デシジョンメーカーからは厳しいコメントや、。様々な質問が浴びせられます。
自らが担当する放送枠で採用しようと前向きに考えているデシジョンメーカーほど、
より突っ込んだ質問が寄せられます。

海外のイベントでは多くの制作者がピッチング・セッションを観覧します。
もちろん企画内容にも興味があるからですが、
それとは別に質疑応答を聞くとデシジョンメーカー“嗜好”が、たいへん良く分かります。