ITVS TVドキュメンタリー支援のアメリカの団体

ITVSは、アメリカで活発にドキュメンタリー支援を
行っている公的団体です。

活動の目的は内外のドキュメンタリー制作者を支援し、
アメリカの視聴者にすぐれた作品を提供することです。

これまで海外向けの助成については、
年に一回しか申し込みができませんでしたが、
常時受け付けるというシステムに変更になりました。

支援するのは
「アメリカのマスメディアでは伝えられることの少ない
複雑な問題を扱い、ユニークな視点を持ち、
創造的な挑戦を行う作品だ」としています。

NHKが国際共同制作を行っている韓国の作品も
ITVSの支援を受けることになりました。
このドキュメンタリーは、
韓国の山間の限界集落に暮らす老人のために
毎日、移動販売をしている男性を追ったものです。
とても地味な作品です。
けっして大作が助成を受けるわけではありません。

もちろん申し込みは英語ですが、
すべてウェブで申し込みが終わります。
TTVF2012には、副代表のクレア・アギラールさんも参加予定です。
クレアさんに猛アピールして、
助成につなげてほしいものです。