東京宣言2012

東京宣言2012
2012年12月12日
東京TVフォーラム実行委員会

日本の優れたドキュメンタリーを幅広く海外で見てもらう機会を求めて、昨年、テレビ番組製作会社の制作者が総務省、経済産業省、および関係機関の協力のもとで立ち上げた「東京TVフォーラム(TTVF)」は、今年も大きな成果を挙げて終了した。
優れたドキュメンタリーの制作を支援し、完成した作品が国境を越えて広まるためには、国際共同制作が最も有効な手段であるという共通認識のもとに、ドキュメンタリーの公開提案会議であるピッチングセッションが各国で開かれている。
2年目となったTTVF2012では、世界14の国と地域から提案採択権を持つデシジョンメーカー22人を招聘し、韓国、台湾から推薦された2本の企画を含む26本の企画が審査された。その結果、いずれも日本から世界に向けて発信すべき豊かなメッセージが込められているとして高く評価された。
そのなかで特に評価の高かった企画をベストピッチとして選ぶことができたのは大きな成果の第一歩である。今後、これらの企画が共同制作として結実するように実行委員会として責任をもって支援する。そのためには、海外のピッチングセッションとの連携がきわめて重要であり、今後とも連携の更なる充実に向けて力を尽くす。
私たちは、今回のフォーラムを通じて、ドキュメンタリーの国際共同制作を支援する取り組みが世界で幅広く行われていること、国際的に通用する制作手法の習得をはじめとする人材育成が極めて重要であることを再認識した。
日本でも、ドキュメンタリー制作者が世界に向けた番組作りにチャレンジすることのすばらしさを広く共有できる環境を作ることが肝要であり、そのための多様な支援システムの構築や人材育成システムの整備の必要性、および、日本の放送コンテンツ市場が、制作者の独創的なアイディアが埋もれることなく正当に評価され、世界に開かれた市場に発展していくことの重要性を改めて確認した。
2回目を迎えたことで、制作者同士のネットワークが広がりと深まりを示し、国際共同制作に関わる情報を共有する機会となったことは、TTVF2012のもう一つの成果である。
 こうした成果を生かすためにも、今後は、国内外の人的ネットワークを育み、TTVFを支える豊かな基盤を築くことが必要である。その上に立ってTTVFを今後も安定的に開催することにより、日本がグローバルなコンテンツ製作と流通の拠点となることを目指していく。

Comments are closed.