東京宣言2012

東京宣言2012
2012年12月12日
東京TVフォーラム実行委員会

日本の優れたドキュメンタリーを幅広く海外で見てもらう機会を求めて、昨年、テレビ番組製作会社の制作者が総務省、経済産業省、および関係機関の協力のもとで立ち上げた「東京TVフォーラム(TTVF)」は、今年も大きな成果を挙げて終了した。
優れたドキュメンタリーの制作を支援し、完成した作品が国境を越えて広まるためには、国際共同制作が最も有効な手段であるという共通認識のもとに、ドキュメンタリーの公開提案会議であるピッチングセッションが各国で開かれている。
2年目となったTTVF2012では、世界14の国と地域から提案採択権を持つデシジョンメーカー22人を招聘し、韓国、台湾から推薦された2本の企画を含む26本の企画が審査された。その結果、いずれも日本から世界に向けて発信すべき豊かなメッセージが込められているとして高く評価された。
そのなかで特に評価の高かった企画をベストピッチとして選ぶことができたのは大きな成果の第一歩である。今後、これらの企画が共同制作として結実するように実行委員会として責任をもって支援する。そのためには、海外のピッチングセッションとの連携がきわめて重要であり、今後とも連携の更なる充実に向けて力を尽くす。
私たちは、今回のフォーラムを通じて、ドキュメンタリーの国際共同制作を支援する取り組みが世界で幅広く行われていること、国際的に通用する制作手法の習得をはじめとする人材育成が極めて重要であることを再認識した。
日本でも、ドキュメンタリー制作者が世界に向けた番組作りにチャレンジすることのすばらしさを広く共有できる環境を作ることが肝要であり、そのための多様な支援システムの構築や人材育成システムの整備の必要性、および、日本の放送コンテンツ市場が、制作者の独創的なアイディアが埋もれることなく正当に評価され、世界に開かれた市場に発展していくことの重要性を改めて確認した。
2回目を迎えたことで、制作者同士のネットワークが広がりと深まりを示し、国際共同制作に関わる情報を共有する機会となったことは、TTVF2012のもう一つの成果である。
 こうした成果を生かすためにも、今後は、国内外の人的ネットワークを育み、TTVFを支える豊かな基盤を築くことが必要である。その上に立ってTTVFを今後も安定的に開催することにより、日本がグローバルなコンテンツ製作と流通の拠点となることを目指していく。

Screening:ドキュメンタリー上映会

海外の秀作ドキュメンタリーを上映します。会場は千代田放送会館です。
この上映会は無料でどなたでも参加できます。(入場無料)

Screening is Japanese version only.


子どもたちが語る“あの日”       監督:ダン・リード(イギリス)

Children of the Tsunami / Renegade Pictures (イギリス 2012 年)

地震などの災害ではお年寄りや小さな子どもなど弱い立場にある人が、最も大きな影響を受ける。この番組ではイギリス人監督が主に津波の被害を受けた小学生の子どもたちにマイクを向ける。「仲良しのお友だちが津波で亡くなった。さよならも言えなかった」、「一番、お気に入りの服が流されたので悲しい」などと、子どもたちは自分の言葉でせつせつと訴えかける。

  • 12/10(月)17:30~
  • 12/11(火)14:30~

最後の帰郷列車  監督:范 立欣(中国)

Last Train Home (カナダ・中国 / 2009 年)

張夫妻は娘と息子によりよい教育を受けさせたいと、10 年以上前から大都会・広州の縫製工場で働いている。しかし親の願いとは裏腹に、故郷の農村に残された娘は「両親は自分を見捨てた。お金のことしか頭にない」と反発。中国の新年に帰郷列車に乗って故郷に帰った両親に対し、娘は声を荒げて刃向かう。中国の厳しい現実に翻弄される、ある一家の姿を見つめる。世界各地のドキュメンタリー祭で多数の受賞をした話題作。

  • 12/10(月)18:30~
  • 12/11(火)15:30~ (上映後討論あり)

シリーズ・民主主義 「こども民主主義」   監督:陳 為軍(中国)

Series“ Why Democracy?” (国際共同制作 NHK、BBC、DRほか2007年)

舞台は中国・武漢の小学校。民主主義を学ぶために、学級委員を投票で選ぶことになった。その一部始終をていねいに追ったドキュメンタリー。子どもたちはもちろん先生、保護者も“ 民主主義” や“ 投票で代表を選ぶ” 事をよく分かっていない。選挙活動が始まるとヤジによる演説妨害から、親による同級生の饗応まで、様々な事件が頻発。そこからは中国の社会の現実が浮かび上がってくる。気鋭のドキュメンタリー監督として注目を集める陳為軍の出世作。

  • 12/11(火)17:00 ~

シリーズ・世界の貧困「中国 教育熱のゆくえ」   監督:陳 為軍(中国)

Series“ Why Poverty?” : Education, Education  (国際共同制作 NHK、BBC、DRほか2007年)

「大学さえ出れば豊かさを手に入れられる」と信じ、中国の親たちは貧しくてもすべてを犠牲にし、子どもたちを大学に送りこんできた。しかし大学を出ても簡単に職は見つからない。「シリーズ・民主主義」で注目された中国人ドキュメンタリー監督・陳為軍が、厳しい現実の中で新しい夢をつかもうともがく若者たちと、商業主義にまみれた私立大学の現状にカメラを向ける。

  • 12/11(火)18:00 ~(上映後討論あり)

フタバから遠く離れて  監督:舩橋 淳(日本)

Nuclear Nation (日本 ドキュメンタリージャパン、ビックリバーフィルムズ2012 年)

2011 年3月12日、双葉町民は1号機の水素爆発により『死の灰』を被った。1400人が250km 離れた埼玉県の高校へ避難。地域社会丸ごと移転したこの高校は、まさに現代のノアの方舟と化した。原発により1960 年代以降経済的繁栄が約束されてきた場所・双葉町。町民は、いまだ奪われた家・土地・財産の補償を受けずに、避難生活を続けている。先進国日本の片隅で忘れ去られて行く人々。先の見えない待つだけの避難所の時間をカメラは9ヶ月にわたり記録した。日本の原子力政策の成れの果てがここに凝縮されている。
ベルリン国際映画祭正式出品作品(2012 年)

  • 12/12(火)14:00 ~(上映後討論あり)

波の向こう  監督:三宅 響子(日本)

Beyond the Wave (国際共同制作 WDR、BBC、NHK ほか)

福島県の浪江町は福島第一原発の事故の後、「警戒区域」「計画的避難区域」に指定され、町民たちは脱出を余儀なくされた。人々は今、故郷の存続をかけて闘っている。しかし、彼らの気持ちは複雑だ。原発の誘致を巡って引き裂かれた過去を持つからだ。母親が浪江町出身の三宅響子監督が、町民たちに寄り添いながらその姿を描く。TTVF 2011 最優秀ピッチ。

  • 12/12(火)16:00 ~(上映後討論あり)

ドキュメンタリーの“国際標準”を学べるTTVF

TTVF 2012(2012年12月10日~12日)では、様々なイベントが開かれますが中でも注目は、3日間に渡り行われる「ピッチング・セッション(Pitching Session)」です。
ピッチング・セッションは世界で広く行われているもので、ドキュメンタリーの国際共同制作を実現するために企画を提案する場です。
日本のテレビ番組制作者のこれからの大きな課題のひとつは、海外に通用するコンテンツを制作することではないでしょうか。

TTVFは、海外の放送局、製作会社、配給会社と共同制作を行いたいという意欲ある制作者の参加をお待ちしております。

ピッチング・セッションの他に、今年からは、海外の専門家などをお呼びして下記の通り3回に渡りトレーニング・セッションを開催します。

第1回(9月13、14日 終了しました)

  • 海外で求められる企画とは何か?
  • 国際的に通用するドキュメンタリーとは?

第2回(11月初旬)

  • トレーラー(企画説明映像)の作り方
  • プレゼンテーション進め方
  • 企画書の書き方・・・など実践的なレクチャー

第3回(12月8日)

  • 本番直前、ピッチング・セッション入選者のためのトレーニング
  • 入選者以外も傍聴可能
  • 講師 国際プロデューサー ピーター・ウィントニックさん 他

さらにTTVFでは、ピッチング・セッション終了後も、国際共同制作が成立に向けて様々な支援を行っていきたいと考えております。

3日間のタイムテーブル (PDF:約127KB)

1日目(12月10日月曜日)

9:30-10:45 国際シンポジウム 第一部  @都市センターホテル コスモスホールII

世界各国ではドキュメンタリーの制作や国際共同制作を支援する取り組みが様々行われています。フランス、アメリカ、カナダなどの実情を報告し、日本の課題を考えます。

テーマ:「ドキュメンタリーの国際共同制作支援~各国の状況」

モデレーター: 堀江 さゆみ (NHK知財展開センター)
ピーター・ウィントニック(国際プロデューサー・カナダ)

Panel Discussion I

11:00-12:30 国際シンポジウム 第二部  @都市センターホテル コスモスホールII

テーマ:「 ドキュメンタリーを支えるストーリーテリング」

モデレーター: 浜野 高宏 (NHKエンタープライズ)
ピーター・ウィントニック(国際プロデューサー・カナダ)

Panel Discussion II

14:00-17:00 国際共同制作に向けた提案会議 第一部  @都市センターホテル コスモスホールII

ドキュメンタリーの企画を温めている制作者が、国際共同制作を目指して海外TV 局やドキュメンタリー支援財団のプロデューサーに向けて提案を行います。
企画提案 8 本 

Pitching Session I

17:00-18:30 オープニングパーティ  @千代田放送会館 1階

TTVF に登録した全員が参加できるパーティです。
海外からのゲストとネットワーキングする絶好の機会です。

Opening Party

17:30-19:20 上映会  千代田放送会館(入場無料)

海外の秀作ドキュメンタリーを上映します。
上映会は無料で参加できます。

Screening

3日間のタイムテーブル (PDF:約127KB)

2日目(12月11日火曜日)

10:00-13:00 国際共同制作に向けた提案会議 第二部  @都市センターホテル コスモスホールII

ドキュメンタリーの企画を温めている制作者が、国際共同制作を目指して海外TV 局やドキュメンタリー支援財団のプロデューサーに向けて提案を行います。
企画提案 10 本 

14:30-17:30 ワークショップ  @都市センターホテル コスモスホールII

Workshop A 14:30–15:30
世界とどうやってつながるか?
ドキュメンタリー作品を世界の舞台に送り出すにはいくつかの方法があります。
そのうち、国際配給と国際ドキュメンタリー祭のふたつの道筋をご紹介します。
プレゼンターはオーストラリの配給会社ルッキング・グラスのNha-Uyen CHAUさんと、
ヨーロッパ最大のドキュメンタリーイベント・IDFAのAdriek van NIEUWENHUIJZENさんです。

Workshop B 15:30–16:30
ドキュメンタリーの伝道師 Steven SEIDENBERGが語るドキュメンタリー制作の心得 (内容調整中)
Steven SEIDENBERGさんは、数多くのドキュメンタリー作品のプロデューサーをつとめるほか、
様々なドキュメンタリー祭で講師として世界を飛び回っています。
彼の教え受けて羽ばたいた、ドキュメンタリー監督も少なくありません。
そんなSteven SEIDENBERGさんが日本のドキュメンタリー制作者に向けて
海外で通用するドキュメンタリーを制作する心得を語ってくれます。

Workshop C 16:30–17:30
ケーススタディ 国際共同制作 ワーク・ラブ・バランス
NHKで9月に放送した国際共同制作「ワーク・ラブ・バランス」は、
日仏ががっちり四つに組んで制作しました。
参加したのはNHK、ドキュメンタリージャパン、フランス、ポワンドジュールの四者です。
プロジェクトをリードしたNHKの奥津智子専任ディレクター、
世界を駆け巡ったドキュメンタリージャパンの角田良子ディレクター、
そしてフランス側のプロデューサーを務めたポワンドジュールのLuc MARTIN-GOUSSETさんが
国際共同制作の魅力、難しさ、成果を語ってくれます。

 

14:00-17:30 個別ミーティング  @都市センターホテル 606会議室(6階)

企画を応募した制作者全員が参加できるミーティングです。
デシジョン・メーカーや配給業者と話し合いができます。

14:30-20:00 上映会とディスカッション  千代田放送会館(入場無料)

海外の秀作ドキュメンタリーを上映と、作品に関する討論を行います。無料で参加できます。

3日間のタイムテーブル (PDF:約127KB)

3日目(12月12日水曜日)

10:00-13:00 国際共同制作に向けた提案会議 第三部  @都市センターホテル コスモスホールII

ドキュメンタリーの企画を温めている制作者が、国際共同制作を目指して海外TV 局やドキュメンタリー支援財団のプロデューサーに向けて提案を行います。
企画提案 9 本 

14:00-18:00 個別ミーティング  @都市センターホテル 606会議室(6階)

企画を応募した制作者全員が参加できるミーティングです。
デシジョン・メーカーや配給業者と話し合いができます。

14:30-18:00 上映会とディスカッション  千代田放送会館(入場無料)

海外の秀作ドキュメンタリーを上映と、作品に関する討論を行います。無料で参加できます。

18:00-19:00 閉会セレモニー  都市センターホテル 606会議室(6階)

3日間のタイムテーブル (PDF:約127KB)

ピッチ企画27本決定

日本国内外のドキュメンタリー制作者から集まった53本の企画の中から選ばれた27本が、12月10日、11日、12日の3日間、TTVF 2012ピッチング・セッションにて公開提案されます。
                                            最新情報→ ピッチ企画発表順決定!
  • スクラム釜石
     石川 明敏(クリエイティブ ネクサス)/中川 幸美(クリエイティブ ネクサス)
  • フクシマから遠く離れて ~原発のまち、「仮の町」建設へ~
     舩橋 淳(ドキュメンタリージャパン)/橋本 佳子(ドキュメンタリージャパン)
  • 核という名の平和 ~ヒロシマからフクシマへ~
     浜野 高宏(NHKエンタープライズ)/新田 義貴(ユーラシアビジョン)
  • 貝リンガル ~世界初の「貝言語」解読システム
     有本 整(中部日本放送)/筒井 彩乃(中部日本放送)
  • 「また、歩き出すために…」
     加瀬澤 充(ドキュメンタリージャパン)/煙草谷 有希子(ドキュメンタリージャパン)
  • 「新発見!浮世絵の世界」
     山村 ひろし(エキスプレス)/橋本 康彦(エキスプレス)
  • ドキュメンタリー「百万本のバラ」の秘密
     西野 肇(テレコムスタッフ)
  • 神戸牛
     酒井 範行(バンエイト)
  • 「寿司シェフ」
     西山 仁紫(フジテレビ)/松浦 拓弥(共同テレビジョン)
  • 戦争をやめてテニスをしよう
     石上 了子(東京ビデオセンター)/小林 麻衣子(東京ビデオセンター)
  • 日本一の電子歌姫 初音ミク 誕生秘話
     眞山 香織(コスモ・スペース)
  • さらば団地婦人
     杉本 曉子(ドキュメンタリー映画監督)/加藤 成子(インプレオ)
  • それでも海と生きる~津波にも流されないもの~
     小西 晴子(ソネットエンタテインメント)/澄川 嘉彦(ハヤチネプロ)
  • 発達障害の当事者による、発達障害って何?
     水谷 真澄(DNA通信)/渡辺 裕一(キメラ)
  • 世界最大スラムの総選挙
     内山 直樹(テムジン)
  • 僕の名前を知ってる?
     風間 直美(共同テレビジョン)/太田 茂(仙台放送)
  • ボルネオゾウを救え!(仮)
     沼田 博光(北海道テレビ放送)/多田 健(北海道テレビ放送)
  • 自死という生き方
     佐藤 正己(アマゾンラテルナ)
  • 河童に会った人々―古代日本の霊性を探る
     中村 佑子(テレビマンユニオン)
  • 起死回生を図れ!~日本の特撮ミニチュア技術・世界へ!~
     大屋 光子(東北新社)/八木 毅
  • 笑顔の波紋
     小倉 恵介(カガミ)
  • 「こころを再生するために」 ~3.11真の復興への処方箋~
     岡田 宏記(フジテレビジョン)/佐野 岳士(東京ビデオセンター)
  • 女王に握る鮨~鮨職人・荒木、ロンドンへの挑戦
     西村 朗(フジテレビジョン)/於保 佐由紀(ネツゲン)
  • ジョブスと禅 ~アップルを生んだ日本の教え~
     古谷 秀樹(WOWOW)/伊藤 憲(テレコムスタッフ)
  • 軍艦島物語
     古谷 秀樹(WOWOW)/別府 隆(ユーコム)
  • 最後の収穫 ~中国 “南水北調”計画の陰で
     王 暉(REDBEAN PRODUCTIONS)
  • 韓中日、一生一代
     金 剛希(MEDIA PARK)

<全27本/順不同>

ごあいさつ

昨年12月に開催した東京TVフォーラム2011は日本で初めてのピッチング・セッションとして大きな注目を集めました。幸いにも、参加した方々から高い評価をいただき、予想を越える成果をあげることが出来ました。東日本大震災という未曾有の大災害から日本が復興の道をどう歩むのかに、世界の関心が集まっていたことがその背景にありました。

それから1年後に開催される東京TVフォーラム2012は、何をどう伝えるために開かれるのか、あらためて世界の関心を集めることになります。

日本国内外のドキュメンタリー制作者から集まった53本の企画の中から選ばれた27本の企画が提案されます。震災からの復興が引き続き大きな課題であることは当然ですが、選ばれた企画を見ると、日本が抱える課題がいかに多様で深刻かをあらためて痛感させられます。それと同時に、日本の社会や文化がもつ他の国にはない豊かで深い魅力にも気づかされます。このような日本の姿を海外にどう伝えるのか、ドキュメンタリー制作者の力量が問われることになります。

今年はアジアの制作者との連携を深める狙いから新たにアジア枠を設けて、台湾と韓国から推薦された企画が提案されます。

また、今年は企画募集の段階からワークショップを開催し、世界に通用するドキュメンタリー制作の手法の研修を実施し、人材の育成に努めてきました。今後は、採択された企画提案が確実に共同制作に結びつくために、幅広くきめ細かな支援にも努める予定です。

1本でも多くの企画が採択されて具体的な共同制作に結びつき、日本からのコンテンツ発信の強化につながることを祈っています。

東京TVフォーラム実行委員会委員長
天城 靱彦

トレーニングセッション3回目は12月8日です!

11月6日に第2回トレーニングセッションが終了しました。
大勢の方々の参加をいただき、感謝です。
次回は本番の二日前の12月8日です!本番通りのにピッチを行い、国際プロデューサーのピーター・ウィントニックさんとイスラエル人国際プロデューサーのバラク・ヘイマンさんに講評してもらいます。ピッチされる方々以外の参加も可能です。来年のピッチング・セッションを目指す方々もお越しください。

第3回トレーニングセッション
12月8日(土)9時〜
千代田放送会館

第2回トレーニングセッションは11月6日(火)に開催

TTVFのピッチング・セッションに向けた
第2回トレーニングセッションを11月6日(火)に開催します。
実際に海外の提案会議で使用された映像や資料を参考にしながら
ピッチの方法、トレーラーの作り方、用意すべき英語資料などについての
情報を提供いたします。
TTVFのピッチング・セッションでプレゼンされる方だけでなく、
どなたでも参加できますのでお越しください。

場所は千代田放送会館、時間は11月6日(火)13時半からです。

千代田放送会館  千代田区紀尾井町1−1‎ (03)3238-740

大きな地図で見る

詳しくは下記までお問い合わせください。
■TTVF実行委員会事務局
メール:info@ttvf.jp
電話 03-3582-8520