ベストピッチは「また、歩き出すために…」

海外ゲストの投票をもとに最優秀ピッチ、優秀ピッチが決まりました。
選考結果は下記の通りです。

◆最優秀企画(Best Pitch)
Project_05  “A Step Forward”
「また、歩き出すために…」  加瀬澤 充(ドキュメンタリージャパン)

◆優秀企画 (Outstanding Pitches)
Project_06  “Discovery of Hidden Ukiyo-e Art”
「新発見!浮世絵の世界」  山村 ひろし(エキスプレス)

Project_15
“Election in the World’s Largest Slum”
世界最大スラムの総選挙  内山 直樹(テムジン/NEP)

※以上の三作品については、TTVFのサポートのもと、3月19日からマレーシアで開かれるAsian Side of the Docに参加し、ピッチング・セッションで企画提案を行う予定です。

◆その他の優秀企画(Outstanding Pitches)
Project_02
Far From Fukushima̶Building the Temporary Town
フクシマから遠く離れて ~原発のまち、「仮の町」建設へ~  舩橋 淳(ドキュメンタリージャパン)

Project_23
3-Star Sushi: Chef Araki’s London Challenge
女王に握る鮨~鮨職人・荒木、ロンドンへの挑戦  西村 朗(フジテレビジョン)

Project_04
Shellingual̶“A Man Who Speaks with Shells”
貝リンガル ~世界初の「貝言語」解読システム  有本 整(中部日本放送)

 

 

TTVF2012終了!ありがとうございました!!

開催まではたいへん長く感じたTTVF2012ですが、
始まればあっという間に終わってしまいました。
みなさんの熱いご協力のおかげをもちまして、
大成功のうちちに無事に終了しました。

ピッチしてくれた制作者のみなさん、
海外から来てくれたゲストのみなさん、
走り回ったスタッフのみなさん、
本当にありがとうございました。

ただほわっとした達成感を感じた去年と違い、
今年は色々と課題が見えてきています。
国際共同制作を成立させるには、やるべきことは山積。
ひとつ、ひとつ解決していきます!

また来年もよろしくお願いします!